【動画】本田圭佑がメキシコデビュー戦でゴール!左足の正確なグラウンダーでダメ押し点

コメント()
Getty Images
パチューカの本田圭佑が、デビュー戦で途中出場を果たし、73分に左足でゴールを決めた。

ミラン(イタリア)ホーム最終戦でのゴールから94日ぶり。日本代表FW本田圭佑が、パチューカ(メキシコ)でのデビュー戦でゴールを決めた。

22日にホームで行われた第6戦・ベラクルス戦。ベンチスタートだった本田は、58分に途中出場。73分にはカウンターの場面で左サイドから縦に抜けると、ペナルティーエリア外から左足でグラウンダーのシュートを放つ。ボールはファー側のネットを揺らし、スコアは4-0となった。本田にとってはこれがメキシコリーグでのデビュー戦ゴールとなる。

2014年1月にCSKAモスクワから移籍して以来、3年半に渡ってミランの背番号10を背負った本田圭佑は、2017年6月30日にミランとの契約期間が満了した。複数の移籍先候補が浮上していたものの、本田圭佑が選んだのはメキシコの名門クラブ・パチューカ。7月14日に契約が結ばれ、その第一報を伝えたのは、本田圭佑のSNSアカウントだった。

メキシコリーグの17-18シーズンは7月に開幕。しかし、本田圭佑は7月23日に行われたパチューカの開幕戦を欠場。試合後の会見でディエゴ・アロンソ監督は「本田は筋肉系に問題を抱えていて、まだ出場することができない。おそらく3~4週間はかかるだろう」とコメントしていた。その言葉通り、第5節までベンチ入りはなかったが、第6節にして、初めて本田圭佑の名が招集メンバーに含まれた。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
モウリーニョが語る時代の変化…「監督は練習を指導する人間で、規律を守らせる役割ではない」
次の記事:
G大阪MF二川孝広、関西1部へ完全移籍「JFL昇格を実現するため全力で戦う」
次の記事:
32歳・池田圭「僕のプロサッカー人生は鳥栖とともにあった」…マレーシアへ移籍
次の記事:
タイ代表MFティティパン、大分加入が内定「Jリーグでプレーすることは夢でした」
次の記事:
川崎F、19シーズンも主将は小林悠!副主将も同じ3人で「あまり頼りになるキャプテンではないけど…」
閉じる