【動画】悪童バロテッリが復活?1Gで勝利導くも一発退場&ベンチ叩き…代表漏れの苛立ちか

コメント()
Getty
マリオ・バロテッリはディジョン戦で良い意味でも悪い意味でも目立った。

ニースに所属するFWマリオ・バロテッリは決勝点を挙げてチームの勝利に貢献したものの、一発退場になり苛立ちを見せた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が5日、報じている。

ニースは5日、リーグ・アン第12節でディジョンと対戦。バロテッリは先発出場し、40分にはFWアラサーン・プレアが獲得したPKを決めて先制点を挙げたほか、追加点のチャンスも演出した。しかし試合終了間際の89分、バロテッリは失ったボールを取り返そうとしてDFセドリック・ヤンベレに背後からタックルを見舞い、主審から厳しい裁定ながらも一発退場が命じられた。苛立ちを隠せないバロテッリはピッチを去る際、第4審判に対しても抗議を浴びせたほか、ベンチを覆うアクリル板を叩く行為もみられた。少なくとも19日に行われる次節カーン戦の出場停止が濃厚だ。

『Goal』イタリア編集部の取材によると、バロテッリが神経質になっている要因の1つとして、イタリア代表招集から漏れたことが挙げられる。バロテッリは昨シーズンから所属クラブで活躍を見せているが、バレンシアのFWシモーネ・ザザ同様にこれまで代表に招集されず、疑問視する声が上がっていた。

ディジョン戦の前日には、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ、スウェーデン戦に向けて代表メンバー27名が発表されている。だが今回、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督は、リーガ・エスパニョーラで9ゴールをマークしているザザの招集に踏み切ったものの、リストにバロテッリの名前はなかった。ディジョン戦の行為により、バロテッリの代表復帰は再び遠のいてしまうのだろうか、今後の動向は注目されるところだ。

次の記事:
長友佑都の独特な練習方法に伊紙も興味津々「ナガトモ、何てトレーニングなんだ?」
次の記事:
主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場
次の記事:
長崎、横浜FMからGK鈴木彩貴の加入を発表「J1昇格に向けて全力を尽くします!」
次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
閉じる