【動画】川島永嗣、“勝負の一戦”で3失点敗戦…不運な失点は評価に影響するか

コメント()
(C)Getty Images
メスでは次節から守護神が固定される。川島かディディヨンか。果たして…?

メスに所属する日本代表GK川島永嗣は先発出場を果たしたものの、勝利でチームに貢献することはできなかった。

メスは2日、リーグ・アン第16節でニースと対戦。前節のマルセイユ戦に続き、川島は先発出場を果たした。今シーズンもトマ・ディディヨンと激しい守護神争いを繰り広げる川島。指揮官のフレデリック・アンツ監督は次節のレンヌ戦からGKを固定することを明言しており、川島にとっては重要な一戦となった。

しかし、先制点を挙げたのはニース。26分、右サイドを突破されると、最後はアラサーヌ・プラが左足で右サイドネットに突き刺し、ゴールを挙げる。川島は見送ることしかできなかった。

直後にメスは同点弾を挙げるものの、後半はツキにも見放されてしまう。56分にはマリオ・バロテッリのFKがDFに当たり、川島は完全に逆を突かれる。ボールはそのままゴールラインを越えて、勝ち越し点となった。さらに、71分にはアラン・サン=マクシマンのドリブル突破からのシュートがDFに当たりながら、ゴール左へ吸い込まれ、止めの3点目。開幕から勝利のないメスは、1-3で敗れている。

不運な失点もあり、前節に続き3失点を喫した川島。どのような評価を下されたかは次節明らかとなる。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる