【動画】好調バルセロナの中心はやはりメッシ…システム変更がもたらしたもの【中村憲剛のMSN】

コメント()
(C)新井賢一
川崎フロンターレの中村憲剛が、『Goal』企画でビッグマッチを徹底プレビュー。第3弾はコパ・デル・レイ決勝を控えるバルセロナを中心に語ってもらった。

こんにちは中村憲剛です。

今回はマッチプレビューの第3弾として、スペインのコパ・デル・レイ決勝を取り上げてみました。カードはバルセロナ対セビージャですね。

■バルサの中心はやはり…

何はともあれ、まずはバルサでしょう。いやぁ、(エルネスト)バルベルデ監督、お見事ですね。この一言に尽きるかと。バルサっぽさが薄れ、それこそ「バルベルデのバルサ」にはなりました。

もう、(リオネル)メッシが凄すぎます。最大出力継続中。今季のパフォーマンスが「普通」なのだとしたら、史上最高のフットボーラーと言ってもいいでしょうね。少なからず動きの制約がある右のウイングで使うよりも、現在のように真ん中にいて、前後左右、自由に動き回るほうが彼の良さを余すところなく引き出せるのかなと。実際、チーム全体のオーガナイズを考えても、攻守のバランスがいいような気がします。

Lionel Messi La Liga Barcelona Leganes

システムもバルサ定番の4-3-3から、いつの間にか4-4-2に変わりましたが、ことディフェンス面を考えると、バランスがいいんですよね。メッシ(およびルイス・スアレス)がそこまで守備の局面にコミットしなくても、8人で守備のブロックを組めるので、後ろに穴が生じにくい。中盤に左からアンドレ・ゴメス、(セルヒオ)ブスケツ、(イヴァン)ラキティッチ、パウリーニョあたりを並べると、何やらビルバオ風。いかにもバルベルデらしいなぁと。

ボールを回し倒す伝統のスタイルとはちょっと趣が異なりますが、それでも(ジェラール)ピケ、ブスケツ、(アンドレス)イニエスタ、メッシがいれば、6割くらいは(ボールポゼッションを)持っていけますからね。もっと言えば、ポゼッションよりもむしろ、2トップの「殺傷力」を優先したのかなと。メッシとスアレスですね。彼らがいれば、自分たちがずっとボールを持っていなくても、点は取れる――。そう気づいたんでしょうね、バルベルデは。

■システム変更で安定感

開幕当初も触れましたけど、ネイマールの移籍(昨夏パリ・サンジェルマンへ)を逆手に取って、8人で守り、2トップを生かすシステムを構築し、攻守のバランスが格段に良くなった。実のところ『MSN』の時代は(中盤から)後ろに負担がかかっていましたからね、守備の局面では。そして、もう一つの課題がいかにメッシを好きなようにプレーさせるか。この2つのテーマをいっぺんにクリアするソリューション(解決策)が、メッシを真ん中で使う4-4-2システムだった――ということでしょうね。

また、同じ真ん中のポジションでも、メッシの役割はペップ(・グアルディオラ)時代のファルソ・ヌエベ(偽9番)じゃない。1トップにはスアレスがいて、その周辺を縦横に動くことができる。だから前後左右、どこに行っても孤立しにくい。メッシの力を最大限に引き出すには、もってこいの役回りかと。メッシがストレスフリーだったら、どうなるか。その答えが今季のパフォーマンスということでしょうね。

実際、前線の2人が(守備を)やってくれたら儲けもの――くらいの感じで戦っていますから、メッシ(とスアレス)のストレスは少ない。それも8人で守れているからこそですね。これが7人となると、後ろの負担が大きくなって、攻守のバランスが崩れやすい。その意味でも現在のシステムがベターなのかなと。逆に8人でブロックを組むぶん、攻撃に人数をかけにくいケースもありますが、前線はメッシとスアレスですからね。

いくら攻撃の回数や人数が減っても、点は取れる。数のそろったディフェンスが堅いうえに決定機を確実にモノにできる。これまでは圧倒的な攻撃力が際立つ反面、取りこぼしもありましたが、今季はそれがない。無類の安定感。本当に負けにくいチームに仕上がりましたね。リーガ(エスパニョーラ)では敵なし――でしょう。

■「あんなに点が取れたら楽しいに決まってる」

2018-04-05kengo-nakamura

それにしても、いまのメッシは神々しいくらいですよ。あんなに点が取れたら、楽しくて仕方がないでしょうね。もう毎試合のように2点も3点も取れるわけですから。いや、自分も小学生の頃はあんな感じでしたけど(笑)。メッシはそれをトップ・オブ・トップでやっているという……。しかも、そこに富と名声までついてくるんですからね。そりゃ、楽しいに決まっていますよ。

メッシ個人のパフォーマンスだけを考えれば、ベストに近いシーズンかもしれないですね。それくらい、いまのメッシは凄い。セビージャとの決勝、勝敗の行方はもちろん気になりますが、それ以上にメッシのプレーを堪能してほしいですね。何十年も経ってから、あの日のメッシは凄かったなぁ……と思い出すような超絶美技を目撃することになるかもしれませんから。見逃すわけにはいかないですよ。もちろん、ライブで観ますよ!

構成=北條聡

閉じる