ニュース ライブスコア
明治安田生命J2リーグ

【動画】大分トリニータ、終了間際の決勝弾で首位浮上…讃岐が東四国クラシコ初勝利/J2第10節

17:09 JST 2018/04/22
2018-04-22-fukuoka-morimoto takayuki
4月22日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節の結果を紹介する。

■新潟 0-1 大宮

1年でのJ1復帰を目指すチーム同士の対決。大宮アルディージャは、48分にFKのチャンスを得ると、FW大前元紀が直接シュートでネットを揺らした。これが決勝点となり、大宮が1-0で勝利。アルビレックス新潟は4連敗となった。

■福岡 3-1 千葉

アビスパ福岡は4分にPKで先制。直後の5分に同点とされるが、30分にオウンゴールで突き放す。47分には、FW森本貴幸がこの日2得点目を決める。試合は3-1で福岡の勝利となった。ジェフユナイテッド千葉の得点はFW船山貴之。

■横浜FC 0-0 栃木

互いに相手の守備を崩せず、試合はスコアレスドローに終わった。横浜FCは5試合勝ちなし。栃木SCは3試合負けなしとなった。

■松本 1-0 山形

松本山雅FCは、23分にDF浦田延尚が先制点。PKを失敗するなど、追加点は奪えなかったが、1-0でモンテディオ山形を下した。松本は2連勝。山形の連勝は2でストップした。

■金沢 0-1 大分

スコアレスのまま試合は終了するかに思われたが、90+3分に大分トリニータのMF丸谷拓也が値千金のゴールを決めた。1-0でツエーゲン金沢を下した大分が、得失点差でファジアーノ岡山をかわし、首位に浮上した。

■徳島 0-1 讃岐

カマタマーレ讃岐は、徳島ヴォルティスとのリーグ戦通算対戦成績が4分け2敗。この試合も徳島に主導権を握られるが、間隙を突く。67分、CKの流れからクロスが上がると、走り込んできたMF永田亮太が頭で押し込み先制。徳島の猛攻を跳ね返し続けた讃岐が、1-0で「東四国クラシコ」を制した。讃岐は最下位を脱出。

■町田 1-2 山口

レノファ山口FCは、同点で迎えた70分にPKを獲得。MF小野瀬康介がゴール左に決めて勝ち越しに成功する。終盤は防戦一方となるが、2-1でFC町田ゼルビアを下した。前節初黒星を喫した町田は2連敗となった。