【動画】吉田麻也フル出場のサウサンプトン、マンチェスター・Uに惜敗/プレミアリーグ第6節

コメント()
Getty
サウサンプトンが1点に沈む。吉田は身体を張った守備を見せたが、勝ち点獲得にはつながらず。

■プレミアリーグ第6節 サウサンプトン 0-1 マンチェスター・U

マンチェスター・U:ルカク(20分)

プレミアリーグ第6節が23日に行われ、サウサンプトンとマンチェスター・ユナイテッドが対戦した。

ともに前節と同じメンバーを送り込んだ一戦。吉田麻也を中心に堅守を誇るサウサンプトンが、今シーズンリーグ戦で5試合4勝1分け16得点と、圧倒的な強さを見せるユナイテッドをセントメリーズ・パークに迎え入れた。

序盤、サウサンプトンも無敗の強豪相手に攻め込み、一進一退の攻防を繰り広げていたが、チャンスをものにしたのはユナイテッド。20分、アントニオ・バレンシアが一瞬のスキを突いて左サイドからクロスを送ると、ロメル・ルカクが高さを活かしてヘディング。一度はGKに弾かれるが、自ら押し込み、先制点を奪う。ルカクは今季早くも6ゴール目となった。

スコアが動いたことによって、ペースはアウェーのユナイテッドへ。試合を優位に進め、1点リードで前半終了の笛を聞くことに。

後半に入ると、ホームのサウサンプトンが息を吹き返していく。ポゼッションを回復し、積極果敢にシュートを放っていく。得点の匂いを増し始めたホームチームとは対照的にマンチェスター・Uはなかなか好機を作り出せず。

77分には前線のコンビネーションからオリオル・ロメウがフィニッシュ。局地的に崩したものの、シュートは惜しくもゴール右へと外れる。

なおも、チャーリー・オースティン、ジェームズ・ウォード=プラウズと攻撃的なカードを切って同点を狙いに行くサウサンプトン。支配率も60%を超えてユナイテッドゴールへ迫る。しかし、最終局面でゴールが遠く、1点は奪えず。アウェーのマンチェスター・Uが前半の得点を守りきっている。

吉田がフル出場したサウサンプトンは連勝ならず。ユナイテッドは開幕から負けなしの5勝目を挙げ、公式戦4連勝としている。

  ▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
韓国メディアが日本の主将・吉田麻也を称賛「貫禄のプレー。その存在感が一層明らかになった」
次の記事:
「この移籍にも運命を感じている」。山中亮輔、赤いユニフォームをまとう決意
次の記事:
ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す
次の記事:
AFC規律委員会が北朝鮮代表に約143万円の罰金処分…出場国最多の警告&退場を記録
次の記事:
元伊代表DFが円熟期を迎えたキエッリーニに賛辞「美味いワインのようなトラクター」
閉じる