ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

【動画】初優勝への思い乗せた土壇場のスーパーゴール!森重「『入ってくれ』と願っていた」

19:01 JST 2019/11/23
2019_11_23_Morishige

FC東京DF森重真人が、自身のスーパーゴールについて優勝への思いを滲ませながら振り返っている。

9試合ぶりの本拠地・味の素スタジアムでの一戦。悲願のリーグ優勝に向けて負けられないFC東京は、降格の危機に瀕し、同じく多くのものを背負った湘南ベルマーレを明治安田生命J1リーグ第32節で迎えた。

すると、序盤から相手の精力的なプレスに苦しみ、36分に失点。ボックス内で松田天馬のシュートを許し、GK林彰洋の反応は及ばず、カバーに入っていた森重が追いついたもののクリアしたボールが再び自らの身体に当たりネットに吸い込まれた。

その後も苦戦が続くFC東京は、リードを許したまま後半ATに突入する。しかし、このまま試合が終わるかに思われた94分、クラブ最古参のDFが目の覚めるようなミドルシュートを決め切った。ボックス内への放り込みが跳ね返されると、ボックス手前やや距離のある位置に駆け上がった森重が右足を一閃。アウトに強烈な回転のかかったボールがネットに突き刺さった。

気持ちを前面に押し出した得点。森重は「僕自身の思いもそうですし、今まで8連戦でアウェイに来てくれていたファン・サポーターの思いだったり、やっとホームに戻ってきて、これだけ多くのファン・サポーターの皆さんが来てくれて。僕だけではなくて、みんなの思いがああやってゴールになったのかなと思います」と、クラブ全体の雰囲気が生み出した得点だと語る。シュートを放つ際には、「軌道を見ながら『入ってくれ』と願っていた」という。

この得点により、FC東京は勝ち点1を獲得。首位は横浜F・マリノスに明け渡したものの、その勝ち点差は「1」だ。同じく同節で引き分けた3位・鹿島アントラーズとの勝ち点差は「3」のまま。残り2試合の時点で、悲願の初優勝を現実的なものとしている。

「やるべきことというのは変えていませんし、自分たちがやってきたことでしか結果はついてこない。今日はそれが最後まであまり出せませんでしたが、その中でも勝ち点1を“拾えた”という表現になるのではないか」

決して良い戦いができず、そのまま負けてもおかしくなかった中で“拾えた”勝ち点1。最悪の結果を回避したうえで、森重は「最後にゴールで終われたというのも勢いになるかもしれない。今日は勝ち点1を拾って、次の試合がより大事になってくる」と次に目を向けていることを強調した。

FC東京は次節、30日にホームで浦和レッズと対戦。そして、12月7日の最終節では横浜F・マリノスとの決戦を敵地で戦う。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です