【動画】乾貴士が先発復帰の一戦でゴール!エイバルは10人になったデポルを崩せずドロー/リーガ第27節

コメント()
Getty Images
前節セルタ戦でスタメン落ちした乾だが、すぐに定位置を再奪取している。

■リーガ第27節 デポルティボ 1-1 エイバル

デポルティボ:オウンゴール(33分)
エイバル:乾(11分)

3日にリーガエスパニョーラ第27節が行われ、エイバルは敵地リアソールでデポルティボと対戦した。エイバルMF乾貴士は先発して73分までプレーしている。

前節セルタ戦でスタメン落ちを経験した乾。エイバルも0-2と敗れたが、6位ビジャレアルと勝ち点3差で7位につけており、まだヨーロッパリーグ出場権獲得は十分可能な状況だ。

左MFで先発に復帰した乾だが、序盤から攻勢を強めたのはデポルティボだった。3分、ルーカス・ペレスのグラウンダーのクロスに、アンドーネが右足を合わせる。ここはGKディミトロビッチが好守で防ぐ。6分にはアンドーネのクロスからL・ペレスがヘディングを叩くも、再びエイバル守護神が立ちはだかった。

スコアが動いたのは11分。劣勢に立たされていたエイバルが先制した。右サイドのオレジャーナのアーリークロスがデポルティボのディフェンスラインとGKコバルの間を抜け、ファーサイドで乾が左足を合わせてネットを揺らした。乾の今季リーガ4点目で、エイバルがリードを奪う。

しかし、エイバルは27分にアシストを記録したオレジャーナが足を痛める。ペドロ・レオンが交代でピッチに入った。

決定機を逸し続けたデポルティボだが、32分に同点弾を叩き込む。アドリアンのクロスに、アンドーネがヘディング。シュートはポストに当たってGKディミトロビッチのキャッチミスを誘い、ゴール枠内に転がった。

タイスコアになった試合は39分に再び動く。バックパスの処理を誤ったGKコバルがボールを奪ったジョルダンを倒し、レッドカードで退場に。セードルフ監督はチョラクに代えて、GKルベンを投入する。

エイバルは58分、CKからクリアボールを拾った乾が、右足で鋭いシュートを放つ。これはGKルベンがファインセーブで防いだ。

メンディリバル監督は60分にディオプに代えてキケ・ガルシアを、73分に乾に代えてイバン・アレホをピッチに送り込む。

猛攻を仕掛けたエイバルだが、最後までデポルティボ守備陣を崩しきれなかった。エイバルは暫定で、勝ち点39で8位に位置。デポルティボは勝ち点19で19位に位置している。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

閉じる