【動画】久保裕也、“幻のゴール”やポスト直撃など好機生かせず…ヘントは公式戦5試合勝利なし

コメント()
ヘントFW久保は度々チャンスが訪れるも、得点ならず。チームも初白星を逃す。

日本代表FW久保裕也の所属するヘントは12日、ジュピラー・リーグ第3節でヘントと対戦した。久保は左サイドのアタッカーとして先発出場している。

リーグ戦開幕から連敗を喫し、4試合勝利なしとなっているヘントは、序盤から久保にボールを集め、チャンスを作っていく。28分にはディフェンスラインからのフィードに抜け出した久保が、ワントラップから右足でゴールに流し込む。しかし、これはオフサイドの判定で、惜しくもノーゴール。

それでも33分、左サイドの崩しから、久保のヘディングで抜け出したカリファ・クリバリーがクロス。これにサミュエル・カルーが合わせて、ヘントが先制点を手にする。

前半を終始押し気味に進めると、後半にも久保に絶好機が訪れる。76分、左サイドから中央にカットインして右足でシュート。ファーサイドを狙ったシュートはポストに弾かれ、今シーズン初ゴールは生まれない。直後の79分、サポーターに拍手を送られながら、久保はピッチを後にする。

しかし、終了間際に落とし穴が。86分、完璧なミドルシュートをゴール左に沈められ、土壇場で同点弾を許す。結局、試合はこのまま終了し、両者勝ち点1を分け合っている。ヘントは公式戦5試合勝利なしとなった。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ポゼッション率は1998年以来最低の「23.7%」…データが示す森保ジャパンの“大苦戦”
次の記事:
アーセナルDFベジェリンに悲劇…前十字じん帯断裂で最大9カ月の長期離脱へ
次の記事:
森保ジャパンの“若年寄”。サウジ戦殊勲の20歳、冨安健洋が見せたポテンシャル
次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
閉じる