【動画】中村憲剛が興奮したブスケツのワンプレー…「本当に注目して欲しい。あの落ち着き」

コメント()
エル・クラシコで特別解説を務めた中村憲剛。バルセロナの先制ゴールのシーンでは興奮気味に解説している。

川崎フロンターレに所属するMF中村憲剛が、『DAZN(ダ・ゾーン)』でエル・クラシコの特別解説を務め、バルセロナのゴールシーンでは興奮気味に口を開いた。

試合前からバルセロナのMFセルヒオ・ブスケツについて「大好きなんですよね。一番やりたい選手です。気持ちよくやらせてくれそうじゃないですか」と選手目線でコメントする。

23日に行われたレアル・マドリー対バルセロナでは、後半に試合が動き、カギとなるプレーを見せたのは中村“お気に入り”のブスケツであった。54分、自陣ペナルティーエリア前でボールを持ったブスケツは、巧みなターンでレアルのプレスを交わすと、飛び出していくイヴァン・ラキティッチにスルーパス。その流れから最後はルイス・スアレスがゴールへと押し込んでいる。

中村は「ブスケツのあのタメと、かわしと、2mの縦パス。あれで全ての局面が変わりましたからね」と解説。「ラキティッチの動きも素晴らしかったんですけど」としつつ、「ここ本当に注目してほしいですね。あの一番プレッシャーがかかるところであの落ち着き」と同ポジションとして圧巻のプレーであったと称賛している。

その後、レアルに退場者が出たこともあり、バルセロナが敵地サンティアゴ・ベルナベウで3-0と完勝。中村は「(ブスケツを)推しといてよかった」と満足気な様子であった。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる