【動画】ヴァンフォーレ甲府、89分のドゥドゥ弾で2連勝…柏は10試合ぶり黒星/J1リーグ第28節

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
ヴァンフォーレ甲府が柏レイソルに勝利を収めた。

■J1第28節 柏 0-1 甲府

柏:なし
甲府:ドゥドゥ(89分)

明治安田生命J1リーグ第28節が9月30日に行われ、日立柏サッカー場では柏レイソルとヴァンフォーレ甲府が対戦。試合は1-0で甲府が勝利を収めた。

柏は16勝5分け6敗で3位。首位の鹿島アントラーズとは、残り7試合で勝ち点差8となっている。前節は4-1でFC東京に大勝。9試合負けなしと好調を維持している。左サイドバックに18歳の古賀太陽を起用した以外は、前節と同じ先発メンバーとなった。

甲府は5勝9分け13敗で16位。残留圏内の15位とは勝ち点差2となっている。前節は3-2で横浜F・マリノスに勝利を収め、7試合ぶりの白星を挙げた。前節からは阿部翔平に代わり、MF松橋優がスターティングメンバーに名を連ねた。

強い西日が差す中、16時3分にキックオフ。甲府GK河田晃兵は時折、まぶしそうな表情を見せる。甲府は12分、MF小椋祥平がシュート。柏GK中村航輔の横っ飛びも届かなかったが、ボールはポストにはじかれてノーゴールとなる。柏は25分、FWクリスティアーノが相手DFを振り切り、ペナルティエリア右からシュートを放つも、河田のセーブに遭い、得点とはならない。

柏はボールを支配して優位に試合を進めたが、最後まで甲府の5バックを崩し切れない。対する甲府は、カウンター攻撃から何度か決定的なシュートを放ったが、ポストに阻まれるなど、決め切れない。0-0で迎えたアディショナルタイム1分の後、前半終了のホイッスルが吹かれた。

後半も、柏がボールを保持し、甲府がカウンターを狙うという展開が続く。柏の下平隆宏監督は64分、前節2得点を挙げたMF武富孝介を下げ、FWディエゴ・オリヴェイラを3試合ぶりとなるピッチに送り出す。そのオリヴェイラは78分、甲府DFエデル・リマのバックパスをさらって至近距離からシュート。しかし、クロスバーにはじかれてゴールとはならない。

後半はほぼ甲府陣内で試合が行われていたが、89分、FWドゥドゥが自陣からドリブルで持ち上がると、相手DFをかわしてミドルシュート。これが決まり、甲府が先制する。後半のアディショナルタイムは4分。90+4分にFW伊東純也がペナルティエリア内で反転シュート。しかし、河田がパンチングでCKに逃れる。このCKで柏GK中村も上がるが、その中村がファウル。

試合は1-0で甲府が勝利を収め、2連勝を達成。同時刻に行われた15位・サンフレッチェ広島が引き分けたため、順位は16位のままだが、広島と勝ち点で並んだ。柏は10試合ぶりの黒星。首位・鹿島が敗れていただけに、悔しい敗戦となった。

 

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる