【動画】ユヴェントス、2点差逆転で開幕2連勝!エース・ディバラが初ハット達成/セリエA第2節

コメント()
セリエA第2節でジェノアとユヴェントスが対戦した。

■セリエA第2節 ジェノア 2-4 ユヴェントス

ジェノア:OG(1分)、ガラビノフ(7分)
ユヴェントス:ディバラ(14、45+4、90+2分)、クアドラード(62分)

セリエA第2節が26日に行われ、ジェノアとユヴェントスが対戦した。試合はユヴェントスが4-2でジェノアを破り、開幕2連勝を飾った。

王者・ユヴェントスは開幕戦のカリアリ戦で3-0の快勝を飾り、7連覇に向けて快調なスタートを切った。今節の対戦相手は開幕戦をドローで終えたジェノア。昨シーズンのスタディオ・ルイジ・フェッラーリスで行われた試合では、戦前の予想に反して1-3でジェノアに敗れていたため、今シーズンこそはしっかりと勝ち点3を積み上げたいところだ。ユヴェントスはクラウディオ・マルキージオが離脱したため、開幕戦のスタメンから1名を変更。サミ・ケディラが先発入りを果たした。

試合は開始18秒で動く、激しい立ち上がりとなった。ホームのジェノアが右サイドから攻め込むと、ゴラン・パンデフがドリブルを仕掛けて鋭いクロスを入れる。ジョルジョ・キエッリーニがクリアすると、ボールがミラレム・ピャニッチに当ってゴール左に決まった。

先制点で勢いに乗ったジェノアは、7分にも追加点を挙げる。ペナルティエリア内でアンドレイ・ガラビノフがユヴェントスDFダニエレ・ルガーニに倒される。一度は流されたが、ここで主審はVAR(ビデオアシスタントレフリー)に確認。ジェノアにPKが与えられた。これをガラビノフがゴール正面に蹴り込み、リードを2点に広げた。

しかし、ユヴェントスもすぐさま反撃に出る。14分、FKの流れからピャニッチがエリア内左でボールを持つ。ピャニッチがドリブルでDFを引きつけると、マイナスのパスを受けたパウロ・ディバラがゴール左に沈め、ユヴェントスが1点差に迫った。

その後は両チームともにチャンスを作ったが、決め手を欠く場面が続く。42分にはゴンサロ・イグアインのロングパスから抜け出したディバラがダイレクトシュートを狙ったが、ここはGKマッティア・ペリンがビッグセーブでしのいだ。

このまま前半終了かと思われたアディショナルタイム2分、ユヴェントスが決定機を作る。右サイドのフアン・クアドラードがドリブルでペナルティエリア内に入り、マイナスのパスを送る。DFが触ったこぼれ球をマリオ・マンジュキッチが詰めたが、ここはダルコ・ラゾヴィッチが戻ってブロック。CKかと思われたが、ここで再び主審はVARを確認。ラゾヴィッチが手でシュートを止めたとして、今度はユヴェントスにPKが与えられた。これをディバラがゴール右上に決めて同点に追いついた。このまま2-2でハーフタイムを迎える。

後半もユヴェントスがペースを握る。48分、右サイドのディバラがスルーパスを送ると、イグアインがペナルティエリア右から右足シュートを狙ったが、ここはわずかに枠の左へ外れた。ユヴェントスは58分にケディラを下げ、ブレーズ・マテュイディを投入した。

すると再びスコアが動く。62分、ユヴェントスがピャニッチ、マンジュキッチとつなぐと、中央のマンジュキッチがペナルティエリア右へ浮き球のパスを送る。これを受けたクアドラードが肩でトラップし、切り替えして左足シュート。カーブのかかったボールがゴールネットを揺らし、ユヴェントスが遂に逆転した。

リードを奪ったユヴェントスは74分にアンドレア・バルザーリ、81分にはロドリゴ・ベンタンクールを投入した。終盤はジェノアが攻め込む場面が目立ったが、ディバラが息の根を止める。後半アディショナルタイム2分、カウンターからマンジュキッチがドリブル突破を仕掛け、中央のイグアインへつなぐ。イグアインはシュートを試みたものの、右のディバラへパスを送る。ディバラはペナルティエリア右からニアサイドを抜くシュートを沈め、セリエA初のハットトリックを達成。このままユヴェントスが4-2でジェノアを下した。

次の記事:
大幅メンバー変更の日本代表、ウズベクに先制許すも武藤の豪快ヘッドで追いついて後半へ
次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
閉じる