【動画】マルセイユ、ダービーを落としリーグ戦13試合ぶりの黒星…酒井宏樹はフル出場

コメント()
Getty
リヨンがダービーを制した。

マルセイユがリヨンとのダービーマッチを落とし、リーグ戦13試合ぶりの黒星を喫している。酒井宏樹はフル出場を果たしている。

マルセイユは17日、リーグ・アン第18節でリヨンと対戦。“ショック・ドゥ・オランピック”は序盤に意外な形でスコアが動く。6分、ナビル・フェキルのFKをマルセイユGKスティーブ・マンダンダがキャッチできず、後逸。リヨンが先制に成功する。

マルセイユも反撃に出るが、後半に入るとリヨンが少ないチャンスを活かす。マンダンダが好セーブで防ぎながら、51分には右サイドのクロスからマリアーノ・ディアスが飛び込み、待望の追加点を奪う。

終盤、マルセイユが最後の力を振り絞り、反撃に出るものの、ルイス・グスタボのミドルシュートはアンソニー・ロペスが横っ飛びでセーブ。リヨンがホームで2-0と勝利している。マルセイユはリーグ戦では9月以来13試合ぶりの黒星となった。

酒井はフル出場で安定した守備を披露。しかし、攻撃面で違いを作るまでには至らず、課題となっているゴールを生みだす働きはできなかった。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる