【動画】パチューカ、本田圭佑が新年初ゴールも2点リード守れず逆転負け/リーガMX後期第1節

コメント()
Getty Images
本田が後期開幕戦でゴールを決めた。

リーガMX後期第1節が6日に行われ、パチューカとプーマスが対戦した。

本田圭佑は先発出場を果たすと、前半からセットプレーや積極的なシュートで存在感を放っていく。すると36分に本田のコーナーキックから最後はフランコ・ハラが押し込み、先制に成功する。

さらに39分、カウンターから最後は本田が右足で押し込んで、リードを2点に広げる。しかし、前半終了間際に1点を返されて1-2で後半を迎えると、プーマスが反撃に転じる。

相手のFKをGKアフォンソ・ブランコがファンブルすると、押し込まれて同点に。さらに76分にはカウンターからパス2本で裏に抜け出されると、ニコラス・カスティージョにこの試合2ゴール目を挙げた。

本田は後半に入ると、前半ほどのキープ力を発揮できず、前線でためを生みだすことできなかった。セットプレーからチャンスメイクするもゴールは生まれず、パチューカは後期開幕戦を2-3で落としている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる