【動画】バイエルン、ホッフェンハイムに完敗…知将ナーゲルスマンの前に沈む/ブンデスリーガ第3節

コメント()
敵地でホッフェンハイムに完敗したバイエルン。ホッフェンハイムは開幕から負けなしとなっている。

■ブンデスリーガ第3節 ホッフェンハイム 2-0 バイエルン

ホッフェンハイム:ウート(27分、51分)

ブンデスリーガ第3節が9日に行われ、ホッフェンハイムとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

ホッフェンハイムは開幕から1勝1分け、バイエルンは2連勝と好調のチーム同士の戦いとなったこの一戦。ホッフェンハイムはエースのサンドロ・ヴァーグナーがベンチ外となり、バイエルンはアリエン・ロッベン、フランク・リベリがベンチスタート。先発メンバーに名を連ねたセバスティアン・ルディは古巣対戦となり、プレシーズンに負傷したハメス・ロドリゲスもベンチ入りしている。なお、先発に入ったトーマス・ミュラーはバイエルンでの400試合目の出場となった。

序盤からボールを支配したのはアウェーのバイエルン。中盤にチアゴ・アルカンタラ、コランタン・トリッソ、ルディとボール扱いに長けた選手を並べ、支配率を高めていく。しかし昨シーズン4位と旋風を起こしたユリアン・ナーゲルスマン監督のホッフェンハイム。織り込み済みといったように、決して多くの時間を与えず、チャンスを作らせない。

すると27分、ホッフェンハイムが一瞬のスキを突いたスローインから最後はマルク・ウートが見事なシュートをニアに突き刺し、ホッフェンハイムが値千金の先制弾を手にする。バイエルンはその前にクリアしたボールがピッチ内に入っていたとして、クイックリスタートを認めないよう抗議したが、覆ることはなく、スコアボードに「1」の数字が刻まれた。

被弾に浮き足立つバイエルンは、攻勢を強めながらもゴールまでには至らず、1点ビハインドで前半を終える。

前半からの流れを続けるように、圧力を高めるバイエルンであったが、またもネットを揺らしたのはホッフェンハイム。51分、左サイドを突破したスティーブン・ツバーが正確なマイナスのクロスを送ると、またもウートが冷静にマヌエル・ノイアーの壁を破り、大きな追加点をもたらした。

最終局面で精度が足りないバイエルンは、ロッベン、リベリ、ハメスといった攻撃的な選手を次々と投入。それに対応するようにナーゲルスマン監督もカードを切り、バイエルンの攻撃的なシフトに対応していく。

終盤にはセンターバックのハビ・マルティネスも前線へと上がり、攻勢をかけたバイエルンだが、最後までゴールは生まれず。ホッフェンハイムが2-0と勝利している。

バイエルンが敗れたことで、開幕3連勝チームはなくなり、2勝1分けのホッフェンハイムが2位に浮上。バイエルンは5位に下がっている。

次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
閉じる