【動画】バイエルンがホームでドロー…ヴォルフスブルク相手に2点リードを守りきれず

コメント()
金曜夜に行われたバイエルンvsヴォルフスブルクは2-2の引き分けに終わった。6連覇を目指すバイエルンにとっては、ホームで手痛いドロー決着に。

22日、ブンデスリーガ第6節バイエルンvsヴォルフスブルクが行われた。

試合はロベルト・レバンドフスキのPKによってバイエルンが先制し、前半終了間際にはアルイェン・ロッベンの個人技による追加点で、バイエルンが2-0とする。

しかし、後半にはマクシミリアン・アーノルドがFKを放ち、バイエルンGKスヴェン・ウルライヒのキャッチミスにより1点を返されると、83分にはヴォルフスブルクのダニエル・ディダヴィが追加点を決め、試合は2-2でフルタイムを迎えている。バイエルンは2点のリードを守りきれずにホームでドローに終わり、第6節消化時点で4勝1分け1敗となった。

リーグ5連覇中のバイエルンだが、現在は守護神マヌエル・ノイアーが離脱中で、序盤から勝ち点を取りこぼす結果に。今シーズンは6連覇に向けて不安を残す序盤戦となっている。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
次の記事:
韓国代表に痛手…負傷のキ・ソンヨンが残るアジアカップ欠場へ
閉じる