【動画】シティとエヴァートンは痛み分け…ルーニーが2試合連続弾/プレミアリーグ第2節

コメント()
大型補強を敢行したチーム同士の対決はドロー。最後は10人でしのぎを削ることに。

■プレミアリーグ第2節 マンチェスター・C 1-1 エヴァートン

マンチェスター・C:スターリング(82分)

エヴァートン:ルーニー(35分)

プレミアリーグ第2節が21日に行われ、マンチェスター・シティとエヴァートンが対戦した。

今夏、大型補強を敢行しともに開幕戦を白星で飾ったチーム同士の対戦。マンチェスター・シティではカイル・ウォーカーが先発入り。エヴァートンはウェイン・ルーニーが先発、スウォンジー・シティから加わったばかりのギルフィ・シグルズソンはベンチスタートとなった。

前半からホームのマンチェスター・Cが圧力を持って、ゴールへ仕掛ける。ケビン・デ・ブライネのシュートが左ポストを叩くなど、先制点が生まれるのは時間の問題かと思われた。

しかし35分、エヴァートンがワンチャンスをものにする。右サイドでレロイ・サネのミスパスを拾うと、最後はドミニク・カルバート・ルーウィンのクロスにルーニーが左足で合わせる。GKエデルソンの股をすり抜け、エヴァートンがリーグ戦2試合連続となるアイドルのゴールで先制に成功した。ルーニーにとってはプレミアリーグ通算200ゴール目となっている。

さらに、前半終了間際にマンチェスター・Cにアクシデント。42分、44分と連続してイエローカードを受けたウォーカーが退場処分になってしまう。2枚目のカードはやや厳しい判定だっただけに、ジョゼップ・グアルディオラ監督も露骨に不満そうな表情を浮かべるが、判定は覆らず。試合はアウェーのエヴァートンが1点をリードして前半を終える。

後半に入っても、シティが数的不利を感じさせない戦いぶりを見せ、ゴール前へと迫っていく。防戦一方のエヴァートンは、それぞれ新加入のデイヴィー・クラーセン、シグルズソンを入れて、流れを変えにかかる。シグルズソンはエヴァートンデビューとなった。

それでも流れはシティ。82分、右サイドからのクロスをエヴァートンDFが跳ね返したところをラヒーム・スターリングが強烈なボレー。好セーブを見せてきたGKジョーダン・ピックフォードも反応できず、シティが待望の同点弾を手にする。

さらに終盤、エヴァートンMFモルガン・シュネデランがハードなスライディングで2枚目のカードを受けて退場。アディショナルタイムを残して10人同士での戦いに突入する。

ホームで勝ち点3が欲しいシティは最後までゴール前にボールを運び続けるが、スコアボードに「2」の文字が刻まれることはなく、試合は1-1で終了した。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す
次の記事:
AFC規律委員会が北朝鮮代表に約143万円の罰金処分…出場国最多の警告&退場を記録
次の記事:
元伊代表DFが円熟期を迎えたキエッリーニに賛辞「美味いワインのようなトラクター」
次の記事:
NEXT GENERATION MATCHに出場する高校選抜候補メンバーを発表!選手権優勝の青森山田から最多の7人が選出
次の記事:
遠藤航が語る、求める理想と勝つための臨機応変な戦い方「ボールを持って戦わなければいけないというプライドはない」
閉じる