ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

加入後即フル出場、上々スタッツでMOM…プレミアでベールを脱いだB・フェルナンデス評

16:00 JST 2020/02/02
2020_2_2_bruno

マンチェスター・ユナイテッドは、1日に行われたプレミアリーグ第25節でウォルヴァーハンプトンをホームに迎え、0-0で引き分けた。この試合では、先日に加入したポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが先発し、さらにフル出場している。

冬の移籍市場最終日の1月31日にユナイテッド入りが決まったB・フェルナンデス。合流直後にもかかわらず、ウォルヴァーハンプトン戦ではフル出場を果たした。4-2-3-1のトップ下に入ったB・フェルナンデスは、スポルティング時代よりもやや低い位置に下りてくる回数が多く、ゲームメークに積極参加。持ち前の展開力を活かしてパスをさばきつつ、機を見てゴール前に侵入していく動きやシュート意識の高さを見せた。

『WhoScored』によれば、B・フェルナンデスはこの試合でアーロン・ワン=ビサカに次ぐ111タッチを記録。シュート数5本、枠内シュート数3本はいずれもチーム最多の数字となった。さらに88本のパス本数もチーム最多。クラブ公式のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、合流後間もなくのデビュー戦としては上々の結果を残した。

試合後、B・フェルナンデスは自身の『ツイッター』で、「デビューすることができて、とても幸せだ。次の試合が楽しみ。今度は勝ち点3を掴みたいね」とコメント。チームメートのDFビクトル・リンデロフは、B・フェルナンデスについて、「一度しか練習を消化できていない中で試合に出るのは簡単じゃない。彼がチームにもたらすクオリティがどのようなものか示されたと思うし、練習を重ねて仲間やチームへの理解が深まれば、彼にとってよりやりやすくなると思う」と、今後への期待感を示した。

約2週間のブレークの後、ユナイテッドは次節、敵地でチェルシーと対戦。現在6位のユナイテッドにとって、6ポイント差で追う4位のチェルシーとの一戦は、チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けたシックスポインターとなるため、よりチームに馴染んだB・フェルナンデスがどのようなパフォーマンスを見せるのかにも注目だ。

▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です