前歯2本が折れるハプニングも発生…堂安と菅原の日本人対決が実現、蘭2位vs4位の大一番はAZがPSVを粉砕

コメント()
2019_10_27_doan_goaljpg
(C)PROSHOTS

エールディビジ第11節のPSV vs AZが27日にフィリップス・スタディオンで開催された。

ここまで7勝2分け1敗で2位につけるPSVと、6勝2分け2敗で4位に位置するAZの上位対決。PSVでは、堂安律がヨーロッパリーグも含めて公式戦5試合連続でスタメンに名を連ねた。また、AZの菅原由勢が公式戦4試合ぶりの先発となり、スタートから日本人対決が実現した。

堂安と菅原は共にそれぞれのチームの右ウイングとしてスタートする。AZが良い入りを見せた試合は、22分に試合の行方を左右する判定が下される。足裏でチャレンジしたPSVのトーマスが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の結果、一発退場となってしまう。

すると、ペースを掴んだAZが前半の終盤に立て続けにゴールを挙げる。ステングスのスルーパスでボックス左に抜け出した18歳のボアドゥがニアサイドにシュートを打ち抜いてAZが先制。さらに直後には、ボックス左に抜け出したワインダルの折り返しに正面で合わせたボアドゥが再びネットを揺らし、2点のリードを手にして前半を終えた。

ハーフタイム明け、PSVのファン・ボメル監督はブルーマ、そして堂安に代えてミトログルとテーゼを投入する。迎えた後半も攻めるAZは、前半よりも菅原が攻撃に絡むシーンが増える。54分には菅原が右サイドから入れた好クロスに正面のボアドゥが合わせにかかるも、DFのブロックに遭う。

それでも、AZは71分にボックス右に走り込んだスヴェンソンがファーにシュートを突き刺して3点目。さらに76分にはCKからデ・ヴィトが4点目をマークしたAZが、そのまま完勝でPSVに勝ち点で並ぶ白星を手にした。

なお、この試合の78分にはAZのギリシャ代表DFハツィディアコスが同胞の相手FWミトログルと空中戦で競り合った際に肘を当てられ、前歯2本が抜けるハプニングも。ハツィディアコスは試合終了までプレーを続けた。

■試合結果
PSV 0-4 AZ

■得点者
PSV:なし
AZ:ボアドゥ(45分、46分)、スヴェンソン(71分)、デ・ヴィト(76分)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる