前々回のCLファイナリストが一転して予選敗退の危機に...挽回を義務付けられたアトレティコ

コメント()
GettyImages-666211926 gabi atletico
Getty Images
最初の2試合でローマに引き分け、チェルシーに敗れる

近年欧州で躍進を続けてきたアトレティコ・マドリーだが、今季のチャンピオンズリーグ(CL)では予選敗退の危機に直面している。

チェルシー、ローマ、カラバグと難敵が揃うグループCに振り分けられたアトレティコ。27日のグループC第2節では本拠地メトロポリターノでチェルシーに1-2と敗れた。

広告

開幕節に敵地でローマに0-0と引き分けていたアトレティコは、2試合を終えて勝ち点1で3位に位置している。2013-14シーズン、2015-2016シーズンと過去4年間で2回決勝に進出しているチームが、厳しい状況に追い込まれた。

13-14シーズン以降で、アトレティコがグループステージ最初の2試合を未勝利で終えるのは初めてだ。13-14シーズンは2勝(ゼニト戦・ポルト戦)、14-15シーズンは1勝1敗(ユヴェントス戦・オリンピアコス戦)、15-16シーズンは1勝1敗(ガラタサライ戦・ベンフィカ戦)、16-17シーズンは2勝(PSV戦・バイエルン戦)という戦績だった。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる