内田篤人の鹿島復帰に現実味…独誌「ウニオンは基本的に右SBを手放す構えだろう」

2017-08-28 Uchida Union Berlin
Getty Images
日本メディアの報道を受けた『キッカー』は内田の移籍を予想。

ブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンに所属するDF内田篤人の、今冬の日本への復帰が現実味を帯びているようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。

内田は今夏に7年間過ごしたシャルケを離れ、ウニオンに加入した。しかし、新天地でも負傷に悩まされ、冬季中断期に入った現時点で出場は第5節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦、第7節ザンドハウゼン戦のわずか2試合にとどまっている。

その出場機会の少なさから、すでに今冬に退団する可能性が取りざたされていた内田。12月初旬にはウニオンがシャルケ時代の恩師にあたるイェンス・ケラー監督を解任したことで、同選手を巡る移籍報道がさらに過熱していた。

そんな中、日本メディアでは鹿島アントラーズが内田に対して、ウニオンに獲得オファーを提示したと報じられている。それを受けた『キッカー』が、「ウニオンは基本的に右SBの彼を手放す構えだろう」とオファー次第で内田の退団を容認するとの見解を述べた。

またウニオンは、ノルウェーのバイキングFKに所属するジュリアン・ライヤーソンやアウクスブルクのゲオルグ・タイグルと右SBの獲得に動く可能性が伝えられている。すでに代案候補の名前が出ており、内田の鹿島復帰は秒読み段階に入ったのかもしれない。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる