公式戦4連敗中のストーク、ランバート新監督就任を発表…過去にはノリッジを3部からPL昇格に導く

コメント()
Getty Images
降格圏に沈むストークは新指揮官の就任を発表した。

ストーク・シティは、ポール・ランバート氏の指揮官就任を発表した。

年明けに行われたFAカップ3回戦の4部コヴェントリー・シティ戦に敗れたストークは、成績不振を理由にマーク・ヒューズ前監督を解任。そして、15日のマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、ランバード氏の招聘を発表している。なお、同指揮官は15日の試合はスタンドから観戦し、20日のハダースフィールド・タウン戦から正式にチームを指揮することになる。

ランバート氏は、当時3部のノリッジ・シティをプレミアリーグ昇格に導くなど、その手腕は評価されてきた。しかし、近年はアストン・ヴィラ、ブラックバーン、では低調な成績に終わり、2017年夏にウォルヴァーハンプトンの監督を解任された後フリーとなっていた。

現在公式戦4連敗、残留圏内まで勝ち点1差の18位に沈むストークを、ランバード新監督は立て直せるのだろうか。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる