先発起用に応えた磐田DF藤田義明「大井健太郎がいないと…」と言われるのが悔しい

コメント()
(C)J.LEAGUE PHOTOS
明治安田生命J1リーグ第27節、ジュビロ磐田対大宮アルディージャは2-1で磐田が勝利。試合後、3バックの一角として先発起用されたDF藤田義明が試合を振り返った。

明治安田生命J1リーグ第27節が23日に行われ、ジュビロ磐田と大宮アルディージャが対戦した。試合はホームの磐田が2-1で勝利。3バックの一角として先発起用された磐田DF藤田義明が、試合を振り返った。

磐田は22日、リーグ戦でフル出場を続けていたDF大井健太郎が負傷したことを発表。その翌日となる大宮戦で起用されたのは藤田だった。リーグ戦の出場は3試合ぶり。先発起用に関しては、くしくもJ1第3節・大宮戦以来となった。

藤田は「久々にリーグ戦へ出たわけですが、健太郎がいない中で代わりに入るということで、すごく責任もあったし、プレッシャーもありました。みんな本当にカバーしてくれて、本当にすごく助けられました」と、チームメイトに感謝を述べる。

名波浩監督の「20日に行われた天皇杯4回戦・AC長野パルセイロ戦でのプレーを評価した」という談話が伝えられると、藤田は「本当にずっと良い準備をしようと練習から取り組んで来て、どこかでチャンスがあるとずっと信じてやってきた」と回答。そして「健太郎がケガしましたけど、代わりに入る選手がしっかりやらないと。ここで負けるとやっぱり健太郎がいないからだと。それを言われるのは一番悔しい」と語った。

名波監督の起用に応えられたか。その質問には「負けるとどう言われるか分かってるよな、みたいな」ことを言われたと明かす。その言葉はプレッシャーにもなったが「逆に闘志も出せたし、冷静にもなれたし、みんな助けてくれたんで」と語った。

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる