ニュース ライブスコア
ラ リーガ

先制点の乾貴士、スペインメディアの評価は及第点…リーグ27試合中24戦先発で4ゴール

12:00 JST 2018/03/04
2018-02-27 Inui EIBAR
日本代表MFは、エイバルで確実にポジションを掴んでいる。

エイバルは、リーガ・エスパニョーラ第27節でデポルティーボ・ラ・コルーニャと1-1で引き分けた。ゴールを挙げた乾貴士だが、スペインメディアの評価は及第点にとどまった。

25節のセルタ戦で2度の決定機を外すなど、低調なプレーに終わっていた乾。前節は、リーグ戦17試合ぶりにベンチスタートとなっていた。

しかし、休養万全で臨んだデポルティボ戦では、開始11分で結果を出す。自陣でカウンターを発動すると、右サイドからのファビアン・オレジャーナのグラウンダーのクロスに、長い距離を走り込んで合わせネットを揺らしている。

その後も左サイドで良いプレーをみせた日本代表MFは、73分に途中交代。チームは、32分に追いつかれて引き分けている。この試合チーム唯一のゴールを挙げた乾だが、スペイン『マルカ』の評価は「星2」にとどまった(3点満点中)。

ここまで、乾はリーグ戦27試合中26試合に出場。先発は24試合で、4ゴール1アシストを記録。現在チームは勝ち点39で8位につけており、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位ビジャレアルとは2ポイント差となっている。

欧州カップ戦出場権を争うチームで、しっかりとレギュラーを掴んでいる。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう