元U-19日本代表MF渡邊凌磨、インゴルシュタットのトップチームに昇格…2年契約を締結

コメント()
(C)Getty Images
これまで4部所属のインゴルシュタットU-23チームでプレー。リンケSDは「技術とインテリジェンス」に期待。

インゴルシュタットは26日、元U-19日本代表MF渡邊凌磨(20)と新契約を交わしたことを発表した。これまでU-23チームに所属していた同選手は来シーズンからトップチームの一員となる。

前橋育英高校出身で早稲田大に進学した渡邊は2015年9月にインゴルシュタットの2軍に当たるU-23チームに加入。4部相当レギオナルリーガ・バイエルン所属の同チームで43試合(6ゴール)に出場してきた。今回の発表で、クラブは同選手と2019年までの新契約を結び、トップチームに引き上げたことを明かされている。

インゴルシュタットのトーマス・リンケSD(スポーツディレクター)はクラブの公式ウェブサイトで「渡邊は我々のU-23チームでファンタスティックな成長を見せている」とコメント。「彼は定期的にプロ選手(トップチーム)のトレーニングやテストマッチに参加し、持ち前の技術とインテリジェンスで我々を説得した」と期待の言葉を口にした。

インゴルシュタットは4試合を残すブンデスリーガ1部で17位と自動降格圏につけている。2部降格の危機が迫るクラブで、渡邊は“欧州プロデビュー“の道を歩むことになった。

次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
次の記事:
中島翔哉にカタール王者への移籍話が急浮上?「すでにクラブ間合意」とポルトガルで報道
次の記事:
ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か
次の記事:
“悪童”バロテッリが酒井宏樹の同僚に?今冬のマルセイユ行きが濃厚に
閉じる