元米代表35歳ドノヴァンがメキシコで現役復帰…新天地レオンでの背番号は20に決定

コメント()
Getty Images
元アメリカ代表のドノヴァンが、メキシコリーグのクラブ・レオンで現役復帰することになった。同選手は2016年にLAギャラクシーで現役引退していたが、2年ぶりにピッチに立つことに。

2016年に現役を引退していた元アメリカ代表FWランドン・ドノヴァンが、メキシコリーグのクラブ・レオンで現役復帰することになった。

クラブ・レオン、ランドン・ドノヴァンの両者からすでに公式メディアを通して発表されており、クラブ・レオンでの背番号は20番に決まった模様。

リーガMXは17-18シーズンの後期に入ったばかりだが、クラブ・レオンは攻撃の立て直しを図るため、経験豊富なドノヴァンに現役復帰を打診。ドノヴァン本人は子供との時間を大切にする意向を示して2年前に現役を引退していたが、現役選手としてピッチに戻ることとなった。SNSを通してドノヴァンは「新しいチャレンジにワクワクしている」とメキシコでの再スタートに意気込みを示している。

1982年生まれ、現在35歳のドノヴァンは、ドイツのレヴァークーゼン下部組織育ち。サンノゼ・アースクエイクス、LAギャラクシー、バイエルン、エヴァートンなどでのプレー経験を持ち、アメリカ代表としては157キャップを記録している。なお、レオン加入でドノヴァンは初のメキシコリーグ挑戦となる。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
次の記事:
浦和、2019シーズンの背番号を発表…杉本は14番、山中は6番に決定
閉じる