元伊代表ピルロ、ヴェッラッティが後継者との声に違和感「スタイルが違う」

コメント()
Getty Images
イタリア紙のインタビューで、後継者とされているPSGのマルコ・ヴェッラッティについて、元イタリア代表のアンドレア・ピルロが自身の見解を示した。

元イタリア代表のMFアンドレア・ピルロは、パリ・サンジェルマンのMFマルコ・ヴェッラッティが自身の後継者とされていることに違和感を示した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が26日、報じている。

ヴェッラッティは2011-12シーズンに、チェコ出身のズデネク・ゼーマン監督率いるセリエBペスカーラでブレークし、リーグ優勝およびセリエA昇格に貢献した。翌シーズンからリーグ・アンに主戦場を移し、パリ・サンジェルマンの主力選手となった。

イタリア代表では2012年8月に19歳でデビューし、当時から将来のイタリア代表を担う期待の若手との呼び名が高い。イタリア代表のレジェンド、ピルロの後継者として注目されてきた。

現在MLSのニューヨーク・シティでプレーするピルロは、この意見には賛同できないようだ。

「ヴェッラッティはすごく好きだが、僕とはプレースタイルが違う」と話し、自身の後継者とする声に違和感を示した。

また中盤の選手では、他にインテルのMFロベルト・ガリアルディーニを挙げ、有望選手が多いと話すものの、レジスタが淘汰されつつある現状を憂いた。

「良い選手は沢山いるけど、僕みたいなレジスタはいないね。インテルの(ロベルト)ガリアルディーニも好きだけど、僕とは役割が違う。今の時代、レジスタは珍しい存在になってしまった。残念だよ」

続いて、ミランの18歳、GKジャンルイジ・ドンナルンマを始めとした若手世代について、クオリティの高い黄金世代であると期待している。

「(ドメニコ)ベラルディ、ドンナルンマ、(ダニエレ)ルガーニ、(フェデリコ)ディ・フランチェスコ、(フェデリコ)キエーザ、(フェデリコ)ベルナルデスキも好きだ。あと(アンドレア)ベロッティもすごく良い。クオリティの高い世代だね。サッカーには起こることだよ」

セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる