元チェコ代表のネドヴェド氏が現役復帰…故郷のアマチュアクラブで息子とプレーか

コメント()
(C)Getty Images
FKスカルナは、元チェコ代表のパベル・ネドベド氏が現役に復帰すると発表した。

チェコのアマチュアクラブであるFKスカルナは22日、ユヴェントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が同クラブで現役に復帰すると発表した。ただし、ネドベド氏は多忙なため、プレーをする時期などは明確になっていないとしている。

45歳のネドベド氏は、元チェコ代表のMFで、同代表として91試合に出場して18得点を記録。ユヴェントス在籍時の2003年にはバロンドールを獲得するなど、チェコやユヴェントスにおけるレジェンドの1人に挙げられている。2009年に現役を引退した後、ユヴェントスでスポーツディレクターを務め、2015年から副会長に就任していた。

FKスカルナは、18歳になるネドベド氏の息子も所属しているため、親子そろってプレーすることも期待される。また、ネドベド氏はプラハ出身で、プロとしてのキャリアはFKデュクラ・プラハからスタートしているが、少年時代はスカルナのクラブに所属していたという縁もある。

なお、この契約に関しては、ユヴェントスも同意していると伝えている。

▶セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる