元グリエズマン代理人「FIFAの処分がなければ、この夏にアトレティコを去っていただろう」

コメント()
Getty images
グリエズマンは今夏、マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられながら、残留を決意した

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンは、FIFAの処分がなければ、この夏にクラブを去ることになっていた。エリック・オルハッツ元代理人は、そう主張している。

未成年選手の登録に関して規定違反があったとされ、FIFAから実質今夏の補強を禁止されたアトレティコ。グリエズマンはマンチェスター・ユナイテッドに強い関心を示されていたものの、クラブが置かれた状況なども考慮して、最終的に残留を決断した。

グリエズマンを14歳の頃レアル・ソシエダに入団させ、フランス代表FWのプロキャリアのきっかけをつくったオルハッツ元代理人は、『フランス・フットボール』で同選手の決断について次のように語っている。

「グリエズマンはアトレティコを離れられないと感じたんだろう。彼は高潔な人だ。クラブが選手を獲得できない時期に、絆を示した。FIFAの処分がなければ、移籍していたかもしれない」

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる