優勝国が2チームも?ロシアW杯で想定できる最も過酷な組み合わせとは…

コメント()
Getty
12月1日に行われるワールドカップ抽選会。想定できる最も過酷な組み合わせは、どんなものがあるだろうか。

2018FIFAロシア・ワールドカップのグループリーグ組み合わせ抽選会が、現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるクレムリン内の国立クレムリン宮殿で行われる。

グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため出場32カ国を8チームずつ、1~4つのポットに分ける。10月に発表されたFIFAランキングを参考に、開催国のロシアと出場国の上位7チームがポッド1に入り、以降8チームずつポッド2、ポッド3、ポッド4に振り分けられる。

A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。原則的に、同じ連盟の出場国は同一グループには入らない(ヨーロッパは2つまで入る可能性がある)。

■最も過酷な“死の組”とは?

開催国のロシアがポット1に入ったことによって、10月の時点でFIFAランク8位だったスペインはポット2に回ることとなった。ポット1のブラジルやドイツなどともに、過去にW杯優勝経験のある2チームが同居する以下のような組み合わせも考えられるだろう。

●パターン1
ブラジル
スペイン
スウェーデン
ナイジェリア

●パターン2
ドイツ
スペイン
セネガル
日本

また、1966年大会で優勝経験のあるイングランドもポット2に入ることに。このため、歴史的にも“因縁”のあるドイツと同組になるパターンも考えられる。

●パターン3
ドイツ
イングランド
エジプト
ナイジェリア

2002年日韓大会のグループF(スウェーデン、イングランド、アルゼンチン、ナイジェリア)や、2014年ブラジル大会のグループG(ドイツ、アメリカ、ポルトガル、ガーナ)など、過去にも強豪国がひしめき合う“死の組”が生まれてきたワールドカップ。来夏ロシアの地でも、非常に厳しいグループができる可能性も十分にあるだろう。

運命の抽選会は、日本時間で12月1日の24時から始まる。

以下、ロシアW杯のポット分け一覧。

・ポット1
ロシア(開催国)
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス

・ポット2
スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
ウルグアイ
クロアチア

広告

・ポット3
デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

・ポット4
セルビア
ナイジェリア
オーストラリア
日本
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
AFCが日本代表の塩谷司を特集…ウズベク戦スーパー弾は「ハイライトの一つになった」
次の記事:
昌子源が19日ニーム戦で仏デビューも?アウェー戦の遠征メンバー入り
次の記事:
アーセナルとチェルシー、就任1年目の両指揮官の評価は?ダービー前に番記者に聞いてみた
次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
閉じる