今年30試合で34ゴールのFWケイン、CLでハット達成したイングランド史上7人目の選手に

コメント()
Getty
トッテナム所属の24歳のイングランド代表FWは、2017年に入ってから6度もハットトリックを達成している。

トッテナムFWハリー・ケインは、26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)アポエル戦でハットトリックを達成。イングランド人選手としてCLで3得点を挙げた7人目の選手となった。

敵地での一戦に先発したケインは、39分にDFラインの背後に抜け出し1点目を挙げると、62分に追加点。そして67分には、エリア内でフリーとなってヘディングでネットを揺らし、ハットトリックを達成。全得点を挙げ、チームを快勝に導いている。

3得点を挙げた24歳のFWは、アンデイ・コール、マイケル・オーウェン、ウェイン・ルーニー、アラン・シアラー、ダニー・ウェルベック、マイク・ニューウェルに続き、CLの舞台でハットトリックを達成した7人目のイングランド人選手となった。

広告

なおこの背番号10にとって、これは2017年に入ってから6度目のハットトリック。今年は公式戦30試合で34ゴールと、1試合1得点以上の驚異的なペースで得点を重ねている。同じプレミアリーグの選手としては、2位のマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロが33試合で24ゴールとなっており、ケインは10ゴールも差をつけている。

2シーズン連続でプレミア得点王に輝いているケインは、今季どこまで得点を伸ばせるのだろうか。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
三浦弦太「自分たちで難しい局面に」…押し込まれる時間帯は「余裕があった」と手ごたえ
次の記事:
佐々木翔、元同僚・塩谷のスーパーゴールに「久々にあの人の大砲を見た」
次の記事:
青山敏弘「意地でも90分間やりたかった」…その理由は槙野智章のひと言?
次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
閉じる