ニュース ライブスコア
明治安田生命J2リーグ

今季J2最下位の群馬、布啓一郎氏が来季新監督に就任「築き上げてきた伝統を継承する」

12:14 JST 2017/11/22
2017-11-22-nuno.jpg
ザスパクサツ群馬が来季新監督に布啓一郎氏を招聘したことを発表した。

ザスパクサツ群馬は22日、2018シーズンの指揮官に布啓一郎氏が就任することを発表した。

1984年に市立船橋高校のサッカー部監督に就任した布氏は、2003年に退任するまで全国高校サッカー選手権大会で4度優勝するなど一時代を築きあげた。2003年からは、アンダー世代の日本代表監督を歴任し、JFAアカデミー福島スクールマスターを経て、2015年からファジアーノ岡山のトップチームコーチを務めていた。

監督就任にあたり布氏は「このたび、ザスパクサツ群馬の監督を拝命いたしました。これまでの方々が築き上げてきた群馬の伝統を継承しながら、さらなる新しい群馬の力を発揮出来るよう取り組んでいきたいと思います。2018年シーズンはスタッフ・選手一丸となって闘ってまいりたいと思いますので、サポーターの皆様、熱いサポートをお願いいたします」と抱負を語っている。

群馬は、今季の明治安田生命J2リーグを最下位で終了。森下仁志監督が今季限りで退任し、都丸晃代表取締役社長および菅原宏取締役ゼネラルマネージャーの辞任もあわせて発表されていた。

本来ならばJ3降格が決定している群馬だが、J3でJ2自動昇格となる2位争いが、来季のJ2クラブライセンスを保有しないブラウブリッツ秋田、アスルクラロ沼津と、クラブライセンスを保有する栃木SCに絞られており、仮に栃木SCが昇格圏内を逃し、秋田と沼津が2位以上に入った場合は、群馬のJ2残留が確定する。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。