今季得点数はわずか「3」…アンタッチャブルではなくなったグリエズマン

コメント()
Getty Images
デポル戦では0−0の時点で途中交代

アトレティコ・マドリーの絶対的エースに君臨していたFWアントワーヌ・グリエズマンだが、今季に入りその存在感に陰りが見え始めた。スペイン『マルカ』が報じている。

今夏にアトレティコ退団の意思を示しながらも、同クラブの補強禁止処分が解除されなかったことで結局は残留し、契約を延長したグリエズマン。しかしシーズンがいざ始まると、昨季までのような存在感を見せられていない。今季公式戦15試合での得点数はわずか3点(リーガ2点、チャンピオンズリーグ1点)で、ここ7試合はノーゴールとなっている。

ディエゴ・シメオネ監督は昨季まで、グリエズマンがチームの絶対的存在であることを認めるような発言をしていたが、今季の同選手はアンタッチャブルではなくなっている。同指揮官は5日のリーガ第11節デポルティボ戦(1-0)で、0-0の時点でグリエズマンをピッチから下げたが、勝負の行方が分からない状況で交代させたのは今季3回目となる。

シメオネ監督はデポル戦前、「このチームに一人で試合に勝たせてくれる選手はいない」と発言し、これがグリエズマンの“格”を否定するものだと話題になった。そしてその言葉通りか、グリエズマンは試合で存在感を見せることなくピッチを後にし、その後にMFトマス・パルティが決勝点を記録。このグリエズマンの途中交代について、DFフアンフラン・トーレスは「監督のどのような決定も受け入れるし、敬意を表す。もちろん、アントワーヌのことも支えていくよ」と話している。

次の記事:
「この移籍にも運命を感じている」。山中亮輔、赤いユニフォームをまとう決意
次の記事:
ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す
次の記事:
AFC規律委員会が北朝鮮代表に約143万円の罰金処分…出場国最多の警告&退場を記録
次の記事:
元伊代表DFが円熟期を迎えたキエッリーニに賛辞「美味いワインのようなトラクター」
次の記事:
NEXT GENERATION MATCHに出場する高校選抜候補メンバーを発表!選手権優勝の青森山田から最多の7人が選出
閉じる