今季リーガで1得点ずつのC・ロナウド&ベンゼマ、レアル・マドリー史上最低の2トップに…

コメント()
Getty Images

レアル・マドリーの点取り屋はゴールを約束する存在であるはずだが、今季はどうもおかしい。現在、2トップとしてプレーしているFWクリスティアーノ・ロナウド&カリム・ベンゼマは、1ゴールずつしか決めていないのだ。スペイン『マルカ』が報じている。

リーガエスパニョーラ、プレミアリーグ、リーグ・アン、ブンデスリーガ、セリエAの欧州5大リーグにおいて、2ゴールしか記録していない2トップは、C・ロナウド&ベンゼマのほか4組しか存在していない。

その4組はケルンFW大迫勇也&セルー・ギラス、ボースマスFWジャーメイン・デフォー&ジョシュア・キング、ハンブルガーFWアンドレ・ハーン&ホビー・ウッド、ハダースフィールドFWローラン・デポワトル &エリアス・カチュンガ。それよりも少ない、わずか1得点の2トップはベネヴェントFWピエトロ・イェンメッロ&マッシモ・コーダのみだ。

欧州トップクラブの2トップとは思えない成績のC・ロナウド&ベンゼマだが、レアル・マドリー史上においてもその得点ペースは最低のもの。リーガ第12節終了時点で、これまで最も得点のペースが遅かったのはアロンソ氏&ボテージャ氏(1942−1943シーズン)、サンティジャーナ氏&ブトラゲーニョ氏(1984−85シーズン)で、その記録は3得点だった。

絶不調のC・ロナウド&ベンゼマ。ここから巻き返すことはできるのだろうか。ちなみに第12節終了時点で、レアル・マドリー史上最速ペースで得点を重ねていたのもC・ロナウド&ベンゼマで、2014−15シーズンに24得点を記録していたとのことだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
酒井&森保監督が強敵サウジアラビアを警戒「常に日本の壁になっている」
次の記事:
アトレティコ、火曜にもモラタをレンタルで獲得へ…焦点は買い取りオプションの有無
次の記事:
アラベス、乾貴士を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得か
次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
閉じる