今夏バルサが狙っていたI・マルティネス「ソシエダ残留に不満なんてあるはずない」

最終更新
コメント()
契約解除金39億円が移籍の障害に

今夏バルセロナからの関心が取りざたされたレアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスだが、ソシエダに残留したことに後悔はなさそうだ。

この夏CB補強を検討していたバルセロナは、エルネスト・バルベルデ監督の要望で、I・マルティネス獲得に動いていた。しかし、契約解除金3000万ユーロ(約39億円)がネックとなり、結果的に取引成立には至らなかった。

I・マルティネスはバルセロナ移籍が失敗に終わった過去について、次のように話している。

広告

「多くのチームから電話があった。僕に関心を抱いている、ということだった。大衆は僕が移籍すると思っていたみたいだね。だけど、僕はラ・レアル(ソシエダの愛称)でプレーを続けている」

「バルサ移籍失敗への不満? まったくないよ。僕がラ・レアルで満足できていないのなら、フラストレーションを溜め込んだりしたかもしれない。でも、そうじゃない。僕は愛する心のクラブにいる。みんな僕に敬意を払ってくれて、家族がいて...。ラ・レアルでプレーできるのは本当に素晴らしいことなんだよ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
神戸指揮官リージョが語るJリーグの問題とは?「ショウガナイ」という表現があるが…
次の記事:
W杯王者フランスに負傷者続出…ポグバ、マルシャル、ラカゼットら4選手が招集を辞退
次の記事:
8年連続ランクインも…“史上最高額の男”ネイマールが2018年『Goal 50』トップ20圏外に
次の記事:
元バイエルンDF、ファン・ハールは「クレイジー。前半で3-0とリードしていても…」
次の記事:
サラー、『Goal 50』で初の表彰台へ!2018年は世界3位に輝く
閉じる