今冬森岡加入も…アンデルレヒト指揮官は不満?「前線のオプションがなくなった」

コメント()
Getty Images
森岡やマルコヴィッチが加入したアンデルレヒト。しかし、指揮官の思いは…。

アンデルレヒトを率いるハイン・ヴァーゼブルック監督は、今冬のクラブの補強活動にあまり満足していないのかもしれない。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。

アンデルレヒトは今冬、ワースランド・ベフェレンからMF森岡亮太、リヴァプールからMFラザル・マルコヴィッチを獲得。森岡は10番として招かれ、マルコヴィッチも将来有望のアタッカーだが、指揮官は難しい表情を浮かべる。

攻撃的な2選手を加えた一方で、中心選手であったソフィアン・アンニが、スパルタク・モスクワへ移籍。ヴァーゼブルック監督は「出したくなかった」と話し、こう続ける。

「前線で別のオプションを持つことができなくなってしまった。アンニはライン間で強さを見せられる選手だった。ベルギーでも屈指の選手だったんだけどね」

そのアンニに代わり、やってきた森岡にも言及している。

「森岡は異なるタイプの選手だ。ライン間で素早いプレーができるが、ドリブルで入っていくことはない。すぐに起用することはできると思うが、馴染むのには時間がかかる」

キャプテンマークを巻きながら退団報道が続いていたアンニには、ファンからブーイングも飛んでいたここ数試合。指揮官はその行為に理解しながらも、「応援すべきだった」と話す。森岡は偉大な前任者であり、元キャプテンを忘れさせるようなプレーができるだろうか。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる