乾貴士、岡崎慎司、久保裕也…W杯出場決定も「チームの成長が必要」とそろって強調

コメント()
(C)Getty Images
日本代表は31日、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、2-0で完勝。6大会連続のW杯出場を決めた。試合後のフラッシュインタビューで乾貴士、岡崎慎司、久保裕也がコメントした。

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。日本は浅野拓磨、井手口陽介のゴールで2-0で豪州を下し、ロシア・ワールドカップへの出場権を獲得。6大会連続で、本大会への切符を勝ち取った。

試合後のフラッシュインタビューで、乾貴士、岡崎慎司、久保裕也が試合を振り返った。

「すごくうれしかったです。最終予選でスタメンは初めてだったので、ワクワクもしましたし、緊張もしましたけど、必死で頑張りました」と、先発出場の感想を聞かれて答えた乾。何度もドリブルで相手陣内を切り裂いていたが、「いや、攻撃は全然でしたけど、チームのために守備で頑張ろうという気持ちもあったので、そこで貢献できた」と、攻撃よりも守備で貢献できて良かったと試合を振り返った。

しかし、岡崎の意見は違うようだ。岡崎は乾について「攻撃はけん引していたと思う。キープできるので、そこから攻撃が展開されたりして、見ててワクワクしました」とコメント。また、22歳の浅野と21歳の井手口がゴールを決めたことについては「ベンチから見ていたが、勝手に選手が出てくるものだな」と、感心した様子を見せる。さらに久保については「ギラギラしてますね」と語った。

その久保も「同世代の選手が活躍するのは刺激になる。しっかり僕も頑張っていきたい」と、浅野と井手口の得点に刺激を受けたようだ。久保は最終予選で結果を残しているが、それでも「まだまだ課題の残る試合も多かったですし、これからも成長できればいいなと思いました」と、向上心を見せた。

W杯に向けて岡崎は、「決まったことは今日までで忘れて。もっと厳しく自分たちに要求があると思うし、世界を見た時には、まだまだ足りないので、成長していかないといけない」とコメント。そして乾も「自分のポジションは層も厚いですし、いい選手もいっぱいいる。自分自身も負けないように頑張りたい。あとはチーム全体で切磋琢磨しながら成長していけたら」と、やはり“成長”が必要との見解を示した。

閉じる