乾貴士、エイバルとの契約延長に迫る...2021年までの新契約締結で合意か

2017-12-26 Eibar Inui Takashi
Getty Images
現地メディアが報道

日本代表MF乾貴士が、エイバルとの契約延長に近づいている。スペイン『マルカ』が伝えた。

エイバルは今季終了時に契約が満了する選手が7名いる。フラン・ガラガルサSD(スポーツディレクター)はそのうち2選手にすでに契約延長オファーを提示したことを示唆しており、それは乾とMFダニ・ガルシアだとされる。

エイバルは乾に対して2021年までの新契約を準備している模様。スペイン移籍3年目で充実のシーズンを過ごす日本代表MFには、複数クラブが関心を寄せている。だが乾自身はエイバル残留を希望しているようだ。

新契約締結なら、乾はチーム内で上位に入る高年俸選手になると見られる。選手の意思は明確で、早ければ両者は2月下旬に合意に至るといわれている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる