乱戦制したC大阪の新10番・清武弘嗣「今年は全員でやっていける」と自信

コメント
FUJI XEROX SUPER CUP 2018で川崎フロンターレを下したセレッソ大阪のMF清武弘嗣が、試合後にゲームを振り返った。

FUJI XEROX SUPER CUP 2018が10日に行われ、埼玉スタジアム2002で川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦。試合は打ち合いの末3-2でC大阪が勝利を収め、試合後にMF清武弘嗣がゲームを振り返った。

試合は終始C大阪がペースを握った。今季から背番号10を背負っている清武は「コンパクトに守備ができていたので、前の2人(柿谷曜一朗と杉本健勇)がいつもより守備をしてくれた。後半に入って(ヤン・)ドンヒョンやトシ(高木俊幸)が前に入って得点を決めてるんで、今年は全員でやっていけるんじゃないかと思います」とゲームを総括。チーム力の向上に確かな手応えを感じていた。

そんな清武は62分、攻撃時の連携ミスで味方の杉本と激しく衝突してしまい、そのまま担架で運ばれピッチを退いた。だが「全然大丈夫です。首持ってかれましたけど」と大事には至らなかった。それどころか「今日は全然疲れなかった」とコンディションの良さをアピール。

自身も1ゴールを挙げる活躍を見せた。「1点目の流れも、左から右で最後(山口)蛍が決めるっていう理想的なゴールだった。健勇と曜一朗の2人だけで崩すシーンもあった。その後ドンヒョンが入っていいバリエーションにもなりましたし、トシも決めたし。ああいうシーンが今年はたくさん増えればいいなと思います」と意欲的に語る。

「ただ、まだ始まったばかりなので、満足せずに1年やっていきたい」と慢心はない。昨季2冠のC大阪の戦いは、まだ始まったばかりだ。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

次の記事:
客観的に日本代表とサッカー界を見る長友佑都、自身の進化も見据える 「新しい長友佑都を…」
次の記事:
柴崎岳が感じるこれまでの日本代表との“違い”…中島ら新世代には「いなかったタイプ」
次の記事:
主将吉田麻也が3失点を反省も…ウルグアイを翻弄した攻撃陣に「正直驚いている」
次の記事:
レーブ監督がフランス戦の敗因を分析…ドイツ代表に求められる変革とは?
次の記事:
“南野帝王”覚醒。3戦4発で唯一無二の存在感…アジア杯へのサバイバルで一歩リードか
閉じる