ニュース ライブスコア
FUJI XEROX SUPER CUP

中村憲剛が語る敗因とは…芝の長さに触れつつ「自分たちの問題」

18:12 JST 2018/02/10
2018-02-10-kengo-nakamura
中村憲剛が試合後に冷静に敗因を分析。川崎がC大阪の前に苦杯をなめた理由とは?

川崎フロンターレのMF中村憲剛が、セレッソ大阪戦の敗因を冷静に分析した。

川崎は10日、FUJI XEROX SUPER CUP 2018でセレッソ大阪と対戦。試合は打ち合いの末に2-3でC大阪が制し、川崎はシーズン最初のタイトル獲得を逃した。中村は試合後、相手がカウンターを得意としていることに触れつつ、「取られ方が悪かった」と肩を落とす。

続けて、ピッチコンディションが最高のものではなかったとしながらも、敗因は「自分たちの問題」であると語る。

「(芝は)長いっすね。でも、それは相手も一緒ですからね。ただウチみたいなサッカーをやるからには、やはりそこは多少影響することはあるとは思いますけど、それだったら別のサッカーをするかと言えばそういう訳にはいかないし。アジャスト(適応)をもっと早く、自分もそうだし皆もしないといけないなと。まあ、ルヴァン(カップ)の決勝のときにも感じましたけど。ここでやる時にはそういう問題に必ずぶつかるので」

一方で、13日に開幕するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に難しい戦いを経験できたことは「大きいと思いますね」と認める。さらに、「一喜一憂せず、切り替える必要がある」と前を向いた。

「試合が続くので、しっかり切り替えて。頭の中というか、まずピッチも変わりますし、そういうところは切り替えてやらなきゃいけないなと。一喜一憂せずに。負けたことは正直悔しいんですけど、シーズン始まって一発目ですし、(勝てたら)幸先良かったんですけど、こういう結果になってしまった。下を向いてはいられないし、ACLの初戦も大事なのでそちらに向かっていきたいと思います」

川崎はACLグループステージ第1節で、14日に上海上港と対戦する。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ