中島翔哉の移籍に向けてポルトと交渉開始か…ポルティモネンセは契約解除金満額を希望

コメント()
Getty Images
ステップアップに向けて加速か。

ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉は、ポルト行きの可能性が高まっているようだ。地元紙『A BOLA』が報じた。

かねてより中島にはポルトガルの強豪クラブであるベンフィカ、ポルトからの興味が伝えられていた。加えてドイツ方面でフランクフルトやヴォルフスブルクが獲得を狙うといった報道が伝えられていたが、今回はポルトとポルティモネンセが中島とFWパウリーニョ移籍に向けて交渉が開始されたと報じられている。

ポルティモネンセはそれぞれの契約解除金に設定されている2000万ユーロ(約26億8000万円)、1000万ユーロ(約13億円)が支払われることを望んでおり、それほど多くの資金を費やしたくないポルトとしては、交渉に選手の譲渡を含める可能性もあるようだ。

中島は今シーズン、18試合で7ゴールをマーク。その中にはポルトからマークした得点もあり、注目を集めるきっかけとなっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
閉じる