ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

世界収益ランキング1位はマンチェスター・U!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに

18:01 JST 2018/01/25
20170524_Manchester United_final
会計事務所『デロイト』が毎年発表している「フットボール・マネーリーグ」。2016-17シーズンの最高収益は、6億7600万ユーロを上げたマンチェスター・ユナイテッドとなった。

世界最大規模を誇る会計事務所『デロイト』は、2016-17年版の「フットボール・マネーリーグ」の結果を公表。マンチェスター・ユナイテッドが、6億7600万ユーロ(約917億円)の収益を記録し、10度目のサッカークラブ長者番付1位に輝いた。

『デロイト』社が毎年行っている「フットボール・マネーリーグ」。これは、世界各国のサッカークラブを対象に、以下の要素を集計してランキング化したものである。

・入場料収入(チケット収入、法人年間契約席を含む)
・放映権収入(国内リーグ、各種カップ戦、欧州選手権等からの分配金を含む)
・スポンサー収入(マーチャンダイジング収入、スタジアムツアー、その他のスポンサー業務から生み出される収入を含む)

■最高収入を記録したのは“赤い悪魔”トップ3の顔ぶれは変動なし

昨シーズン、プレミアリーグでは6位に終わりながらも、UEFAヨーロッパリーグで優勝を達成したマンチェスター・U。2016-17シーズンの優勝賞金は4450万ユーロ(約60億円)と、これは2011-12シーズンにアトレティコ・マドリーが手にした賞金額のおよそ4倍。全世界で多くのファンを持つ“赤い悪魔”は、レアル・マドリーを追い抜き首位に立った。

首位陥落となったレアル・マドリーは、2位に転落。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝に加え、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇、さらに昨年末行われたクラブ・ワールドカップや、スペイン・スーパーカップでも優勝するなど多くの成功を収めた。しかし、昨季の収益は6億7460万ユーロ(約915億円)で、ユナイテッドにわずか170万ユーロ(約2億円)届かなかった。これは、史上最も僅差であった

3位は、6億4830万ユーロ(約879億円)を上げたバルセロナ。そして4位がバイエルン・ミュンヘンで5億8780万ユーロ(約797億円)、5位が5億2770万ユーロ(約716億円)を上げたマンチェスター・シティとなっている。

■圧倒するイングランド勢

2016-17年版では、トップ20のうちプレミアリーグのクラブが10クラブがランクイン。現在イタリア・セリエAを6連覇、昨季CL準優勝のユヴェントスを、リーグ戦4位で終えたリヴァプールが上回るなど、巨額の放映権収入を得るイングランドのクラブが他リーグを圧倒している。

『デロイト』社のスポーツ・ビジネスグループ、シニア・マネージャーであるティム・ブリッジ氏は、今回のランキングに対し以下のような見解を述べている。

「今年のフットボール・マネーリーグは、新たな放映権契約の影響もありイングランド勢が多くランクインしている。また、トップ20のクラブは、UEFAの大会での成績により5億ポンド以上もの放映権収入の増加がもたらされており、それも驚きではない」

「現在プレミアリーグは、2019-20シーズンから始まる新たな放映権契約の途中段階におり、それが施行されて以降はマネーリーグにランクインするクラブの構成にも、長期間で影響を及ぼしてくることになるだろう」

トップ20には、イングランドのクラブ以外ではドイツ、スペイン、イタリアからそれぞれ3クラブずつ、そしてフランスから1クラブがランクインしている。トップ20の増益分は、トータル79億ユーロ(約1兆700億円)となり、前年からは6%の伸びを見せた。

『デロイト』社のスポーツ・ビジネスグループのパートナーであるダン・ジョーンズ氏は、今後の欧州サッカー界はさらに巨大な市場になっていくと予想している。

「トップ20にランクインするクラブは、およそ5億ユーロ以上の収益上昇があり、ヨーロッパサッカー界はこれからも繁栄し続けるだろう。そして今回、マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーを上回りトップの座を維持したが、その差はかつてないほど緊迫したものだった」

トップ20のラインナップは以下の通りだ。

20位:エヴァートン
2016-17収益:1億9,920万ユーロ(約270億円)

19位:ナポリ
2016-17収益:2億70万ユーロ(約272億円)

18位:サウサンプトン
2016-17収益:2億1,210万ユーロ(約288億円)

17位:ウエストハム
2016-17収益:2億1,330万ユーロ(約289億円)

16位:シャルケ
2016-17収益:2億3,020万ユーロ(約312億円)

15位:インテル
2016-17収益:2億6,210万ユーロ(約355億円)

14位:レスター
2016-17収益:2億7,110万ユーロ(約368億円)

13位:アトレティコ・マドリー
2016-17収益:2億7,250万ユーロ(約369億円)

12位:ボルシア・ドルトムント
2016-17収益:3億3,326万ユーロ(約451億円)

11位:トッテナム・ホットスパー
2016-17収益:3億5,560万ユーロ(約482億円)

10位:ユヴェントス
2016-17収益:4億570万ユーロ(約550億円)

9位:リヴァプール
2016-17収益:4億2,420万ユーロ(約575億円)

8位:チェルシー
2016-17収益:4億2,800万ユーロ(約580億円)

7位:パリ・サンジェルマン
2016-17収益:4億8,620万ユーロ(約659億円)

6位:アーセナル
2016-17収益:4億8,760万ユーロ(約661億円)

5位:マンチェスター・シティ
2016-17収益:5億2,770万ユーロ(約716億円)

4位:バイエルン・ミュンヘン
2016-17収益:5億8,780万ユーロ(約797億円)

3位:バルセロナ
2016-17収益:6億4,830万ユーロ(約879億円)

2位:レアル・マドリー
2016-17収益:6億7,460万ユーロ(約915億円)

1位:マンチェスター・ユナイテッド
2016-17収益:6億7,630万ユーロ(約917億円)

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。