不調に陥るレアル・マドリー…ジダンは「私は世界最高の監督でも、最低の監督でもない」

コメント()

5日のリーガエスパニョーラ第11節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウにラス・パルマスを迎える。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、ジローナ戦、トッテナム戦と連敗を喫した状況にも、ポジティブである必要性を説いている。

スペイン『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。

「昨季に成し遂げたことから与えてもらったものは受け入れる。しかし私は世界最高の監督ではないし、現状から世界最低の監督になるわけでもない。私はいつだって真ん中にいる。人生は上か下にいるかということではない。ある日は良くて、ある日は悪いというだけなんだよ」

広告

「私と選手たちはポジティブに物事を考えていく。私たちという人間は、ずっと同じであり続けるからだ。もちろん、ここ最近の試合には満足していないが、シーズンの終わりに欲しいものは明確であり続けている」

またMFガレス・ベイルの離脱で揃わない“BBC“が必要であるかと問われると、次のように返答している。

「もちろんだ。私は全選手が起用できることを望んでいる。今はガレス、カルバハル、コバチッチを欠いている状態だ。全選手が万全の状態であることを求めている」

次の記事:
アーセナルが止まらない!主将エジルの“魔法”でレスター下し、公式戦10連勝達成/プレミアリーグ第9節
次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
閉じる