不振レアル・マドリー、ジダンと選手たちが緊急会議...解決策を話し合う

コメント()
ジダン監督就任後最長時間のミーティング

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、危機的状況から脱するために動いた。スペイン『マルカ』が報じている。

リーガエスパニョーラ第18節消化時点、マドリーは未消化1試合を残しながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられている。ジダン監督は9日の練習前に選手たちを集め、30分程度話し合いの場を設けたようだ。

ジダン監督の目的は、解決策を模索することに他ならない。事実、選手たちの反応はポジティブなもので、彼らは自己批判の姿勢を示して一致団結する意思を見せたとされる。

ジダン監督が2015年1月にマドリー指揮官に就任してから、最長時間のミーティングだった。その効果のほどは、ピッチ上で証明されることになる。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる