不屈のクロアチアが快挙達成!W杯史上初めて3戦連続で延長に及ぶ戦い制しファイナル進出

最終更新
コメント()

クロアチアは11日、ロシア・ワールドカップ準決勝でイングランドを延長戦の末2-1で下し、決勝進出を決めた。今大会のクロアチアの戦いぶりは、W杯の歴史に残るものとなった。

イングランドとの準決勝に臨んだクロアチアは、開始5分で相手に先制を許す苦しい立ち上がりとなる。しかし、後半に追いついて延長戦に持ち込むと、109分にFWマリオ・マンジュキッチが決勝弾。史上初の決勝へ駒を進めた。

今大会のクロアチアは、決勝トーナメントで3試合連続で延長戦を戦うことに。英『Squawka』によると、そのすべてを制して決勝に進んだのは、W杯88年の歴史で初めてのことになった。

決勝T1回戦ではデンマークとのPK戦を制し、続く準々決勝も開催国ロシアとのPK戦を制して勝ち上がったクロアチア。満身創痍の中迎えたイングランド戦でも延長戦で勝ち切り、不屈の魂を見せるチームはW杯の歴史に名を刻むこととなった。

また、クロアチアの現在のFIFAランキングは20位だが、これも大会史上最も低いファイナリストとなっている。

クロアチアは初の優勝を懸けて、15日にフランスとのファイナルに挑む。

Goal_worldcup_article_banner

次の記事:
ぶつかり合うエゴ、すれ違う言葉…ピケがビダルとベティス戦後に口論「“俺”じゃなくて“俺のボール”と言ってくれ」
次の記事:
レアル・マドリー行きも噂されたコンテ氏、来夏にイタリアで再始動か?「今からスペインに向かうよりも…」
次の記事:
長谷部誠、直近9試合8勝と絶好調のチームに満足…「練習の成果が現れているということ」
次の記事:
PK失敗&退場のイグアインをC・ロナウドが擁護「厳しすぎる処分を受けないことを望む」
次の記事:
暫定指揮官として4戦全勝を果たしたソラーリ、正式にレアル・マドリーの監督に!
閉じる