ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

下位相手にホームで引き分けのトッテナム…指揮官はリーグ優勝に早くも白旗

11:59 JST 2017/11/26
Harry Kane, Tottenham
手痛いドローを喫し、首位との差が開く可能性のあるアルゼンチン人指揮官は、タイトルレースから離脱したと語った。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ウェスト・ブロムウィッチ戦に引き分けたことで優勝戦線から脱落したと認めている。

25日に行われたプレミアリーグ第13節でトッテナムはホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦。アウェーチームに先制点を許すも、74分にハリー・ケインがゴールを奪い同点に。しかし、その後は勝ち越しゴールを奪えず、トッテナムはホームで手痛いドローを喫した。

この引き分けで27日に試合を控える首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が「13」に拡がる可能性があることを受け、ポチェッティーノ監督は早くもプレミアリーグ優勝に白旗を掲げている。

ポチェッティーノ監督は『BBC』で首位との差が開くことについて「今、彼らとの差は10ポイントで、プレミアリーグでこの差は大きすぎる」とマンチェスター・シティを捉えることは不可能に近いと明かした。

また、試合について同指揮官は「我々は良いプレーをしていたから、この結果には失望している。しかし、序盤に失点したから彼らは守り抜くことに信念を燃やし、自陣に張り付いていた。だから我々にとって難しい試合になってしまった。残り15分になったところでギアを上げ、チャンスを作ったが、決定的なものではなかった。プレミアリーグで先に失点をしてしまうと、試合はいつも難しいものになってしまう」と言及。

続けて「1-1で終わり、2ポイントを逃したことにがっかりしている。しかし、我々は前を向いて、次の試合で勝利を挙げられるように準備を始める必要がある」と先を見据えている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。