上海上港、セリエA得点王インモービレに90億円オファーもラツィオが即却下

コメント()
今冬にオスカルの爆買いで話題となった中国の上海上港がセリエA得点王の獲得を狙っていたようだ。

中国スーパーリーグ(CSL)の上海上港がラツィオに所属するFWチーロ・インモービレ獲得を目指し、7000万ユーロ(約93億円)のオファーを提示していたと、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

インモービレは今シーズン、既にセリエAで13得点をマーク。得点王争いでは、ユヴェントスのFWパウロ・ディバラやインテルのFWマウロ・イカルディを抑え、単独トップに立つ。

過去に所属したドルトムントやセビージャではくすぶっていたものの、昨シーズンから加入したラツィオで才能を開花。すると昨冬、6000万ポンド(約82億円)という高額な移籍金でチェルシーからブラジル代表MFオスカルを爆買いして話題となった上海上港が獲得に名乗りを上げた。ラツィオに対し7000万ユーロの移籍金を提示したほか、インモービレには現在の3倍にあたる年俸650万ユーロ(約8.6億円)と破格の条件を用意した。

しかしラツィオは1990年代後半から2000年頃のような黄金時代の再来を目指しており、27歳FWをチームプロジェクトの中心に据えている。先週、契約も2022年までに延長したばかりとあり、中国クラブの爆買いオファーは即座に却下した。

なおアンドレ・ヴィラス・ボアス率いる上海上港ではオスカルのほか、元JリーガーのFWフッキや元レアル・マドリーのDFリカルド・カルヴァーリョらもプレーしている。

閉じる