ヴェンゲル「あれはPKではなかった」ケルンへのPK判定はミスジャッジだと主張

コメント()
Getty Images
ケルンに敵地で敗れたアーセナルのヴェンゲル監督が、決勝点の起因となったPKはミスジ ャッジだと主張している。

23日に行われたUEFAヨーロッパリーグのケルンvsアーセナルは、62分に決まったセルー・ギラシーのPKが決勝点となり、ケルンが1-0の勝利を収めた。

しかし、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は試合後、記者の前で「あれはPKではない」という見解を示している。

「我々は試合の主導権を握っていたが、結果としてゴールに結びつけることはできなかった」

「たった一つのジャッジで我々は勝利を失った。正直なところ、あれはPKが与えられるようなものではなかったからね」

マチュー・ドゥビュシーがエリア内でシュートに持ち込もうとしたギラシーを肩で押し、それがPKとジャッジされたが、指揮官は主審の判断に疑問を呈している。その一方でヴェンゲルは「ケルンが厳しい状況にあるのは周知している。ケルンのファンはそれでもチームを支えようとしているあの雰囲気はとても幻想的だったよ」と続け、低迷するケルンに賛辞を贈った。

またすでにアーセナルは首位でのグループリーグ突破を決めているが「最終節のBATEボリソフ戦は勝つだけでなく、内容も良いものにしたい」と続け、第6節での必勝を誓っている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か
次の記事:
“悪童”バロテッリが酒井宏樹の同僚に?今冬のマルセイユ行きが濃厚に
次の記事:
最多優勝対決はユヴェントスに軍配!C・ロナウド弾でミランを撃破/スーペルコッパ・イタリアーナ
次の記事:
韓国が3連勝で首位通過! 主将ソン・フンミンが活躍、G大阪FWファン・ウィジョ弾などで中国との首位決戦制す
次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
閉じる