ヴァンフォーレ甲府、FW森晃太とDF熊谷駿の負傷を発表…森は全治8カ月の重傷

コメント()
(C)Getty Images
ヴァンフォーレ甲府は、FW森晃太とDF熊谷駿が負傷したと発表した。

ヴァンフォーレ甲府は15日、FW森晃太とDF熊谷駿がJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節・セレッソ大阪戦で負傷したと発表した。診断の結果、森は右膝前十字靭帯損傷で全治まで約8カ月を要する見込み。熊谷は左大腿二頭筋肉離れで全治まで約6週間を要するとのこと。

森は愛知県出身の19歳で、熊谷は宮城県出身の20歳。ともにC大阪戦で先発出場したものの、前半のうちにピッチを退いていた。

閉じる