ニュース ライブスコア
セリエA

ローマに敗北のミラン、指揮官は落胆隠せず「重大なミスがあまりに多い。もっと注意を」

12:30 JST 2019/10/28
Stefano Pioli Roma Milan
ミランのステファノ・ピオリ監督は、ローマとドローに持ち込めなかったことを悔やんだ。

ミランの指揮官ステファノ・ピオリが27日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて敗戦の弁を述べた。

ミランは27日、セリエA第9節でローマと敵地で対戦。38分にFWエディン・ジェコに先制点を許したが、55分にはDFテオ・エルナンデスのゴールで追いついた。しかし、直後にパスミスを突かれてMFニコロ・ザニオーロに決勝弾を決められ、1-2で敗北。ミランはこれで3勝5敗1分となり、ポイントを積み重ねることはできず、順位も12位にとどまった。新指揮官ピオリはチームのパフォーマンスに不満を示したている。

「もっと期待していた。(前節の)レッチェ戦(2-2)にしても今夜にしても、我々自身にもかなり責任がある。あまりに多くの重大なミスを犯してしまった。2失点目のようなゴールを許してはならない。もっと注意を払えば、試合を引き分けに持ち込むことができたはず」

「気迫が足りなかったとは思わない。技術的な面での判断を間違えた。ローマのような強豪チーム相手には、もっと良いパフォーマンスを示さなければならなかった。2失点目に関しては、プレッシャーがなく、数的有利も作れていなかった」

最後にミラン指揮官は、2戦連続ベンチスタートとなった背番号9番のFWクシシュトフ・ピョンテクについて自身の見解を示した。

「私は選手全員を最大限に生かしたいと考えている。準備期間はわずか10日間しかなく、できる限り変更しない方が良いと考えた。主役になろうという意気込みがある選手は全員、チャンスが与えられるだろう」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です